きたそらち農業協同組合ホームページへようこそ

組合員専用情報

  • HOME
  • > お知らせ

お知らせ

2024年03月28日
令和5年度 草地生産性向上対策事業・リスク分散型草地改良推進事業について

◆取組内容

サブソイラによる耕盤層の破砕により圃場の排水性並びに保水性を改善し、大雨による土壌の流失や滞水による被害を軽減する取組です。

○取組事例紹介

※令和5年度事業実績・・・事業実施者~4名・草地更新面積~25.21ha

施工地区   JAきたそらち幌加内地区

事業実施者  (株)市村ファーム

高位生産性草地へ転換・耕盤層破砕

面積     4.21 ha

事業実施期間 令和5年7月~令和5年12月

◆行程

①令和5年8月  1日       除草剤散布(マックスロード)4ℓ/10a

②令和5年8月  7日      土壌硬度測定(転換前2層目:24㎜)

③令和5年8月  8日      耕盤層破砕

④令和5年8月12日      土壌硬度測定(転換後2層目:21㎜)

⑤令和5年8月12日      耕起

⑥令和5年8月12日~14日  耕起・砕土

⑦令和5年8月20日~26日    土改材散布・施肥・播種・鎮圧

◆効果の検証

サブソイラによる耕盤層の破砕が草地圃場の排水性、保水性を確保する事により、根腐れ並びに伸長を阻害する要因が減少し、粗飼料栽培に適した圃場が構築されました。それに伴い、令和5年度の降水量は例年より多かったものの、排水性並びに土中の通気性も改善され、根張が良く、生育旺盛な良質飼料の確保が可能となりました。現在、配合飼料が高騰している状況下において、タンパク(CP)を配合飼料に依存するのではなく、栽培に適した圃場の土づくり(心土破砕)の実施による良質粗飼料の確保を目指し、圃場からより多くのタンパク(CP)の確保を可能とすることで、更なる経営改善並びに所得向上を図ります。

令和5年度 草地生産性向上対策事業

受益者 (株)市村ファーム 4.21 ha

DSC09522

【草地更新完成写真】

2024年03月01日
広報JAきたそらち 2024年3月号を公開しました

7ページ         新規就農者2名へ深川市より支援金を交付

10ページ       大豆から豆腐に!一已小学校6年生が豆腐作り

11ページ         令和6年度 営農組合長

12ページ       営業時間変更のお知らせ

※画像をクリックするとPDF形式で開きます

JAきたそらち広報.indd

2024年01月31日
広報JAきたそらち 2024年2月号を公開しました

2ページ        育ち元気村花き生産組合 通常総会

3ページ       若い力で深川市を盛り上げる!

        「青年部深川支部」設立総会

6ページ         幌加内町もち米生産組合 鏡餅を贈呈

10~12ページ   営農懇談会 開催

※画像をクリックするとPDF形式で開きます

JAきたそらち広報.indd

 

2023年12月29日
広報JAきたそらち 2024年1月号を公開しました

2~3ページ       新年のご挨拶

7ページ      「特殊詐欺の被害に遭わないために」

         助け合い組織合同講習会

12ページ        令和5年度地域農業応援団 解散式を開催

13ページ      今月号の表紙

※画像をクリックするとPDF形式で開きます

JAきたそらち広報.indd

2023年12月29日
ホクレンSSポイント「6倍キャンペーン」の開催について
新着記事
アーカイブ